編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
海外コメンタリー

ディープラーニングと"AIの民主化"で変革促す--6つの活用分野

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2020-07-16 06:30

 ディープラーニングによって人工知能(AI)分野を新たな段階に押し上げる能力がもたらされる。とは言うものの、その力を利用できるのはデータサイエンティストに限られていた。しかし最近になってついに「民主化」の機が熟し、必要とするすべての人々が利用できる、ハードルの低いテクノロジー一式になり、数々のビジネスアプリケーションも提供され始めようとしている。

ディープラーニング
提供:Joe McKendrick

 人間の脳内の論理を模倣してパターン分析を実行するというディープラーニングが、企業のAIイニシアチブで幅広く採用されるようになってきている。ITPro TodayとInformationWeek、Interopが154人のITプロフェッショナルやビジネスプロフェッショナルを対象に最近実施した調査によると、AIを実装している企業の過半数(53%)がディープラーニングを向こう24カ月以内に業務に取り入れる計画があるとしている。

 また、Databricksが新たに公開したレポートによると、ディープラーニングは現在、AI分野におけるイノベーションの急速な発展を推進するようになっており、あらゆる市場で大規模なディスラプションをもたらしているという。レポートの著者らは「ディープラーニングというモデルは、画像認識や音声認識といった複雑なタスクを実行し、これらの入力データから意味を導き出すよう訓練することができる」とした上で、「これらのモデルはデータの増大にも対応でき、そのパフォーマンスはデータ量の増加とともに向上していくという点が重要なメリットだ」と記している。

 Databricksのレポートでは、ディープラーニングを「エンドツーエンドの学習と考えられる作業を実行する、機械学習(ML)の特殊かつ先進的な形態」と定義しており、「ディープラーニングのアルゴリズムには、一般的には構造化されていない異質かつ大量のデータとともに、分類などのタスクが与えられる。これによって出来上がったモデルは、画像内のオブジェクトを認識したり、話し言葉をリアルタイムで翻訳するといった複雑なタスクを実行できるようになる」と説明されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]