編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

IIJ、AWSのクラウドインテグレーションを開始

ZDNet Japan Staff

2020-07-16 15:23

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月16日、Amazon Web Services(AWS)を活用したシステムの導入計画支援から設計、構築、移行、運用までを行う「IIJクラウドインテグレーションソリューション for AWS」の提供を開始した。

 IIJは、自社のクラウドサービス「IIJ GIO」も提供しているが、ユーザーの7割以上が他社のクラウドサービスを併用しているといい、同社ではAWSとMicrosoft Azure、Google Cloud Platformの再販と閉域接続サービスの提供を行っている。

 今回はAWSを再販するだけでなく、包括的なインテグレーションサービスも提供すると説明。また、2月に業務提携したソニービズネットワークスのAWS運用支援ツール「マネージドクラウドポータル」をIIJの統合運用管理サービスに組み込み、「IIJ統合運用管理サービス AWSクラウドポータル」として新たに提供する。

 導入計画支援では「AWS Well-Architected フレームワーク」を活用してベストプラクティスに沿ったシステム構成と導入計画を立案する。閉域ネットワークサービスや運用管理サービスなどのサービスを組み合わせ、AWSのマネージドサービス(AWS CloudTrail、Amazon GuardDuty)を標準設定で提供する。

 運用管理では、監視ツール(Amazon CloudWatchなど)のマネジメントガバナンス設定やセキュリティ設定を代行する。IIJ統合運用管理サービス AWSクラウドポータルと組み合わせることで、バックアップジョブの自動化や構成管理が行えるとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]