編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

TIS北海道、サービス提供基盤に「Oracle Cloud」活用--ユーザーの運用負担を軽減

NO BUDGET

2020-07-17 14:56

 TIS北海道は、自社が提供している企業向け借入金管理ソリューション「かりた君」のクラウド基盤をパブリッククラウド「Oracle Cloud」に移行した。2020年4月から新たな環境で稼働している。

 具体的には、IaaSの「Oracle Cloud Infrastructure」、コンテナー管理の「Oracle Container Engine for Kubernetes」、データベースの「Oracle Database Cloud」を活用し、サービス提供基盤をクラウドに構築した。

 TIS北海道は、TISインテックグループ内で北海道に拠点をおき、ニアショア事業を展開する地域子会社。酪農システムなどの地域に根差したシステムソリューションや、全国規模に広がるニーズを支えるソリューションなどを提供している。

 かりた君は、借入金の利息計算、支払予定期日管理、会計情報の作成、予算作成のためのシミュレーション情報など、借入金管理に必要な機能をパッケージ化したシステム。日本で20年以上の販売実績があり、多数のユーザー企業を有しているという。

 従来、TIS北海道では、かりた君の導入やアップグレード、不具合の改修をユーザー企業に訪問して対応していた。新たに構築したクラウド環境では、アプリケーションの改修やリリースにかかる時間を短縮している。

 クラウド版へ移行したユーザー企業では、アップデートや障害発生時の対応など保守サポートの不安が解消された。さらに、これまでユーザー間のデータ共有のために利用していたクライアント/サーバー管理が必要なくなり、管理負担軽減にもつながっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]