編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

アプリケーションパフォーマンス管理市場、2024年度まで20%成長

藤代格 (編集部)

2020-07-22 07:15

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月21日、国内アプリケーションパフォーマンス管理(Application performance management:APM)市場の規模と予測を発表した。2019年度の売上金額は前年度の22.0%増の53億7000万円。2020年度も需要は高まり、2019年度を上回る28.1%増の成長を見込むという。

 APMは、エージェントによるレスポンスタイムの測定などでアプリケーションやITサービスのパフォーマンスを測定、管理、最適化する製品、サービス。

 さまざまな業務がオンラインに移行し、システムのトランザクションが大幅に増加、複雑化。アプリケーションのパフォーマンス管理が重要な課題となっているという。

 エージェントによるレスポンスタイムの測定などでアプリケーションやITサービスのパフォーマンスを測定、管理、最適化するAPMツールだが、近年はSIベンダーがシステム開発段階のパフォーマンスチェックに導入するケースも拡大。

 2019~2024年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)を20.2%と予測している。

 提供形態別では、2019年度のパッケージが11.5%増、SaaSが166.7%増。2020年度以降もSaaSを採用する企業が増加し、2024年度にはAPM市場全体の3割強を占めるという。

2018~2024年度のAMP市場規模推移および予測(出典:ITR) 2018~2024年度のAMP市場規模推移および予測(出典:ITR)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ITRで取締役、リサーチ統括ディレクター、プリンシパル・アナリストを務める金谷敏尊氏は、「APMは、ネットバンキングやEコマースなど、エンドツーエンドでの高いサービスレベルを要求されるシステムで活用が進んだ。昨今はDXニーズが高まり、銀行や小売り、通信以外の業種でもB2C向けシステムへの導入の機運が増し、市場の裾野が広がる傾向にある」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]