DAL、AI-OCRで紙文書を取り込み業務システムへ連携する「OCRtran」を発売

NO BUDGET

2020-07-22 13:05

 データ・アプリケーション(DAL)は、紙文書をAI-OCR(人工知能を活用した光文字認識)で読み込んで業務システムへ連携するシステム「OCRtran (オーシーアールトラン)」を8月3日に発売する。3年後に100社の導入を目指す。

 OCRtranは、同社のデータ連携基盤「ACMS Apex」とウイングアーク1stのAI-OCR「SPA Cloud」を連携させたもの。紙文書やファクスを用いた既存の取引方法を変えることなく導入できるという。

 利用例としては、注文書や請求書、報告書など、紙書類やファクス、メール添付などで受け取った文書を自動で読み取り、業務システムへデータ連携するといったことができる。読み込んだ文書は暗号化された上でクラウドに保存される仕組みになっている。

連携イメージ(出典:DAL)
連携イメージ(出典:DAL)

 AI-OCRは、4種類の読み取り方式を選択可能。組み合わせて使うこともできる。手書き、印字、丸囲い、チェックボックスなど、それぞれの文書の特徴に合わせてOCRエンジンを使い分けられる。また、読み取ったデータは、連携する業務システムに合わせて書式・文字コードの変換、データ加工ができる。メールなどのさまざまな通信機能を用いて、任意のタイミングで業務システムに自動でデータを連携したり、取引先とのEDI(電子データ交換)を可能にしたりできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]