編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、次世代の「Azure Stack HCI」サービスを発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-22 13:23

 Microsoftは米国時間7月21日、第2世代の「Azure Stack HCI」サービスを発表した。Azure Stack HCIは、自社やパートナー企業のデータセンター内で「Microsoft Azure」を稼働させる準備が整っていない、あるいは稼働させられないMicrosoftの顧客が、Azureを利用するためのハイブリッドな選択肢だ。

Microsoft Azure Stack HCI
提供:Microsoft

 Azure Stack HCIは、仮想化されたワークロードをオンプレミス環境で実行しつつ、Azureに接続するための選択肢として2019年3月に発表された。MicrosoftはAzure Stack HCIについて、「これまで当社のさまざまなハードウェアパートナーから提供されていた『Windows Server Software-Defined』(WSSD)ソリューションが発展したものだ」と説明していた。

 Microsoftは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の価格パフォーマンスと、ネイティブなAzureのハイブリッドな機能を提供しながら、企業が既存のスキルや投資を活用できるようにするサービスだとしている。

 第2世代のAzure Stack HCIには、以下のような特長がある。

  • 顧客のハードウェアがMicrosoftの認証ノードソリューションに適合している場合、そのハードウェア上でAzure Stack HCIの稼働が'可能になる。
  • Microsoftのマルチクラウド管理製品「Azure Arc」を使用することで、Azure Stack HCI上で稼働する複数のクラスターや仮想マシン(VM)を管理できるようになる。
  • 新たに配備ウィザードが利用可能になる
  • 「Windows Server 2008」VM向けの「Extended Security Update」が無償で含まれている。
  • 高可用性/災害復旧のための「Stretch Cluster」機能が利用可能になる。

 Azure Stack HCIソリューションを提供している主なパートナーには、DellやHewlett Packard Enterprise(HPE)、Lenovoなどがある。Azure Stack HCIの新版は現在パブリックプレビューとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]