編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、次世代の「Azure Stack HCI」サービスを発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-22 13:23

 Microsoftは米国時間7月21日、第2世代の「Azure Stack HCI」サービスを発表した。Azure Stack HCIは、自社やパートナー企業のデータセンター内で「Microsoft Azure」を稼働させる準備が整っていない、あるいは稼働させられないMicrosoftの顧客が、Azureを利用するためのハイブリッドな選択肢だ。

Microsoft Azure Stack HCI
提供:Microsoft

 Azure Stack HCIは、仮想化されたワークロードをオンプレミス環境で実行しつつ、Azureに接続するための選択肢として2019年3月に発表された。MicrosoftはAzure Stack HCIについて、「これまで当社のさまざまなハードウェアパートナーから提供されていた『Windows Server Software-Defined』(WSSD)ソリューションが発展したものだ」と説明していた。

 Microsoftは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の価格パフォーマンスと、ネイティブなAzureのハイブリッドな機能を提供しながら、企業が既存のスキルや投資を活用できるようにするサービスだとしている。

 第2世代のAzure Stack HCIには、以下のような特長がある。

  • 顧客のハードウェアがMicrosoftの認証ノードソリューションに適合している場合、そのハードウェア上でAzure Stack HCIの稼働が'可能になる。
  • Microsoftのマルチクラウド管理製品「Azure Arc」を使用することで、Azure Stack HCI上で稼働する複数のクラスターや仮想マシン(VM)を管理できるようになる。
  • 新たに配備ウィザードが利用可能になる
  • 「Windows Server 2008」VM向けの「Extended Security Update」が無償で含まれている。
  • 高可用性/災害復旧のための「Stretch Cluster」機能が利用可能になる。

 Azure Stack HCIソリューションを提供している主なパートナーには、DellやHewlett Packard Enterprise(HPE)、Lenovoなどがある。Azure Stack HCIの新版は現在パブリックプレビューとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]