NTTデータ スマートソーシング、経費不正のAI検知サービスを提供

大場みのり (編集部)

2020-07-27 14:19

 NTTデータ スマートソーシングは7月27日、コンカーと連携する経費管理BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)基盤「e-ZERO」の1つとして、人工知能(AI)を活用した経費不正の検知サービス「Fraud Checker」の提供を開始した。

e-ZEROのサービス群(出典:NTTデータ スマートソーシング)
e-ZEROのサービス群(出典:NTTデータ スマートソーシング)

 Fraud Checkerでは、経費管理業務に特化したAIエンジンが経費精算の事後チェックで実施される「目視確認作業」を行い、不正が疑われる申請をポータルサイト経由で報告する。AIエンジンは、スタートアップ企業Miletosの経費精査基盤「SAPPHIRE」を利用する。

 AIによる確認は、コンカーが提供する出張・経費精算クラウドサービス「SAP Concur」の経費精算データを、勤怠情報・ビルの入退館データ・独自データベースに保有する飲食店の情報などと照合して行う。また、カラ出張や会議費の有無を集計レポートで確認することが可能。各種データは、NTTデータ スマートソーシングのポータルサイトとブリッジプログラム経由でAIエンジンと連携し、分析結果も週に1回の頻度で確認できる。

Fraud Checkerでの報告イメージ(出典:NTTデータ スマートソーシング)
Fraud Checkerでの報告イメージ(出典:NTTデータ スマートソーシング)

 Fraud Checkerは、SAP Concurの導入企業を中心に初年度10社、2022年度までに100社の利用を見込んでいる。料金は個別見積もり。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]