編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

シャープ、“スマートオフィス”サービス提供--第1弾でNASなどを発売

阿久津良和

2020-07-29 06:45

 シャープは7月27日、スマートオフィスサービス「COCORO OFFICE(ココロオフィス)」を発表した。8月3日から提供する。

 COCORO OFFICEに対応する機器の導入時に同サービスを契約すると、PCやスマートフォンで動作するアプリケーションで対応機器を一元管理できる。同サービス対応機器として、A3デジタルフルカラー複合機の「BP-30C25」、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の「BP-X1ST08」「BP-X1ST04」の3機種の販売を同日から開始した。

 COCORO OFFICEは5年間利用可能なシステム管理者用ID×1と、ユーザー用ID×5(オプションで追加可能)にハードウェアや各サービスをセットにした商材。対応機器と同時に契約することを前提としている。

 PCやスマートフォンから利用するアプリケーションでは、全文ファイル検索やファクス受信、ネットワーク印刷など対応機器に応じたサービスが利用可能。また、以下のようなクラウドサービスも利用できる。

  • ウェブ会議「TeleOffice」
  • ビジネスチャット「LINC Biz」
  • 勤怠管理「dynaCloud勤怠」
  • 業務決裁「クラウド型ワークフローシステム」
  • エンドポイントセキュリティ対策「F-Secure PSB」
  • ストレージデータ「データ復旧サービス」
  • メール誤送信対策「Active! gate SS」

 COCORO OFFICEサポートセンターからは専用コールセンターを用意するとともに、これまで複合機などに限定していたオンサイト保守もハードウェア全体に拡大し、コンサルティングやソリューションを提案する。今秋からはチャットボットを活用したヘルプデスクや業務効率を可視化する利用状況レポートの提供も予定している。

 COCORO OFFICE対応機器として8月3日から、A3デジタルフルカラー複合機のBP-30C25、NASのBP-X1ST04とBP-X1ST08の3機種を提供するが、BP-30C25はBP-X1ST04やBP-X1ST08と連携して受信したファクスデータの自動仕分けやスマートフォンへの通知機能を持つ。今秋には社外や外出先から返信する機能の実装を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]