編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グーグル、米英スペインを結ぶ海底ケーブル「Grace Hopper」を敷設へ

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-07-29 10:38

 Googleは米国時間7月28日、米国から北大西洋を横断して英国とスペインにつながる海底ケーブルを敷設する計画を発表した。コンピューター科学者にちなんで「Grace Hopper」と命名されたこのケーブルは、Googleにとって4番目の海底ケーブルとなる。

提供:Google
提供:Google

 Googleのグローバルネットワーク担当バイスプレジデント、Bikash Koley氏は発表の中で、「国際インターネットトラフィックの98%は、海底ケーブルによって世界中に伝送されている。海洋を縦横にめぐるケーブルで結ばれた長大な海底ネットワークにより、世界中の情報を瞬時に共有、検索、送受信できる」と述べた

 Googleは他に3つの海底ケーブルを保有している。米国と南米を結ぶ「Curie」、米国とフランスを結ぶ「Dunant」、欧州とアフリカを結ぶ「Equiano」だ。同社は他にも多くの海底ケーブルを共同で運用しており、Facebookと計画している「Pacific Light Cable Network(PLCN)」(ロサンゼルス~香港)もその1つ。2019年には、米政府が国家安全保障上の懸念からPLCNの計画阻止に動いていると報じられた。

 GoogleはGrace Hopperケーブルについて、2022年に開通を予定しており、SubComが敷設を担うと述べた。SubComは、DunantおよびCurieケーブルの敷設も請け負った企業だ。Grace Hopperは、スペインのマドリードで同社クラウドの新たなリージョン(地域ごとのデータセンター拠点)の開設を目指すGoogleの計画を後押しすることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]