編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

RPAソフト「UiPath」で画像分析などをプロセスに--判定精度を継続的に向上

阿久津良和

2020-07-30 06:45

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェア「UiPath」を開発、提供するUiPathは7月29日、人工知能(AI)とロボティックプロセスオートメーション(RPA)を組み合わせてエンドトゥエンドの自動化を実現するという「UiPath AI Fabric」「UiPath Document Understanding」の販売を開始した。AI Fabricは業務を自動化する各種AIモデルの運用、管理するための基盤。Document Understandingは帳票や書類を解析し、その後処理をRPAで自動化する。

 「発見、開発、管理、実行、協働、測定」の自動化プロセスで構成された「ハイパーオートメーション」を強化する。一連の製品戦略について、代表取締役で最高経営責任者(CEO) 長谷川康一氏「UiPathはAIトータルサポートカンパニーへと進化する。AIだけでは米国や中国に追いつけないかもしれない。ただ、AI×RPAを日本の“強い現場”と組み合わせることで、日本が世界をリードできると確信している」と意気込みを語った。

UiPath 代表取締役CEO 長谷川康一氏
UiPath 代表取締役CEO 長谷川康一氏

 ハイパーオートメーションの流れでは“管理”に位置するAI Fabricは、ロボットを開発する「UiPath Studio」、ロボットを管理、実行する「UiPath Robots」と組み合わせることでワークフローに画像分析や自然言語処理といったAIモデルをドラッグ&ドロップで組み込めるAIモデル管理基盤である。

 データサイエンティストがPythonなどで開発した独自AIモデルやオープンソースのAIモデルに加えて、UiPathや同社テクノロジーパートナーが提供するAIモデルが利用可能。本発表時点で利用できるのは視覚情報を理解するComputer Vision、データ分析や予測に用いるData Analysis、テキストや音声から感情を読み取るConversation Understanding、そして後述するDocument Understandingの4つをAIスキルとして備える。

 AIモデルの作成時は学習に要する演算処理が必要となるものの、クラウド版の場合はそのままクラウドリソースを利用。オンプレミスにAI Fabricを展開した場合、顧客側が別途サーバーを用意する必要がある。

AI FabricとAction Centerの活用例(出典:UiPath) AI FabricとAction Centerの活用例(出典:UiPath)
※クリックすると拡大画像が見られます
UiPath ソリューション本部 エバンジェリスト 鷹取宏氏
UiPath ソリューション本部 エバンジェリスト 鷹取宏氏

 AIモデルの精度は5月から提供している「UiPath Action Center」で例外処理が発生した際に検証し、継続的な向上を実現できるという。もともとAction CenterはUiPathで申請や承認業務をロボットの処理間に追加するためのもの。

 人間が確認するなどの処理を担うTaskと、データ帳票などを入力、確認するFormsの2つの機能が特徴的だが、この機能をAI Fabricに利用し、判別率が悪いものを人が判別、分類して精度を高められるという。

 ソリューション本部 エバンジェリスト 鷹取宏氏は「現場の方が(判別結果に対して)ラベリング(分類)する」ことでAIの業務活用で発生している“AI開発者とAI利用者の分断”という課題を解決できると説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]