編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

NTT Com、シスコとヴイエムウェアを組み合わせたSD-WANサービスを開始

ZDNet Japan Staff

2020-07-30 06:00

 NTTコミュニケーションズは7月29日、シスコシステムズとヴイエムウェアの製品を組み合わせたSD-WANサービス「Managed SDx」を発表した。同日から提供する。

 Managed SDxでは、インターネット通信を分離し、SaaS利用など容易にするローカルブレイクアウトなど基本機能を備えるほか、コントローラーでの集中管理が行え、Type-C、Type-M、Type-Vの3種類のメニューを用意する。併せてSD-WANの設計や構築、コンサルティングを一元的に提供する。

 Type-Cでは、「Cisco SD-WAN」を用いて種類やポリシーが異なるネットワークの制御やアプリケーションファイアウォール、URLフィルタリングなどのセキュリティ対策を行える。Type-Mは、「Cisco Meraki」を用いる基本機能に特化し、無線LANなどの集中管理ができる。Type-Vは、「VMware SD-WAN by VeloCloud」を活用してWAN制御や拠点間通信でのエラー補正、複数の回線を束ねた疑似的な広帯域ネットワークの生成などができる。

Type-Cの構成イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
Type-Cの構成イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
Type-Vの構成イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
Type-Vの構成イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]