編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

AIで「定型作業が69%が自動化される」管理職の意義

ZDNet Japan Staff

2020-08-02 08:00

 AIは2024年までに管理職を消滅させてしまうのだろうか。Gartnerの新しいレポートによると、完全に消滅することはないが、技術革新とAI技術の責任ある導入により、管理職の退屈な書類作業は約69%も削減される見通しだという。

 Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントのHelen Poitevin氏はリリースの中で、「管理職の役割は今後4年間で徹底的に見直されるだろう」と述べた。

 「現在、管理職はフォームの入力や情報の更新、ワークフローの承認に時間を費やしている。AIを使用してこれらのタスクを自動化することにより、彼らはトランザクションの管理に費やす時間を短縮し、学習やパフォーマンス管理、目標設定により多くの時間を費やすことができる」

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年1月29日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]