編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

円高急進・日経平均急落--日本株は、長期投資で「買い場」の判断変わらず

ZDNet Japan Staff

2020-08-03 11:38

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均急落
  2. まだ、世界株安にはなっていない
  3. 4~6月の景気・企業業績は、日米欧とも良くない
  4. 日本株の下げが大きくなったのは、円高進行の影響と考えられる
  5. 日本株の投資判断

 これら5点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均急落

 先週の日経平均株価は、1週間で1041円下がり、2万1710円となった。4~6月の景気・企業業績の予想以上の落ち込み、円高(ドル/円が一時1ドル104円台)、新型コロナ感染の世界的な拡大などが嫌気された。

<日経平均日足:2020年2月3日~7月31日>


 2月半ばからコロナ・ショックで暴落、3月半ばから急反発した日経平均は、6月以降、やや行き詰まり感が出つつあった。強弱材料が張り合い、大きくは上へも下へも動けない展開が続いていた。ただし先週、久々に大きく下がった。まだレンジを下放れたわけではないが、ここから下げが加速するのか、注目される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]