編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

企業のデータ分析体制の整備進む--IDC調査

ZDNet Japan Staff

2020-08-04 16:08

 IDC Japanは、「国内ビッグデータ/アナリティクス市場における企業ユーザー調査」の結果を発表した。企業でデータ分析体制の整備が進んでいる状況が分かった。

 調査は従業員100人以上の企業に勤務する4702人を対象に、データ分析の活用状況、新型コロナウイルス感染症の流行によるデータ分析向けIT投資への影響、データ分析人材の充足状況などについて、データ分析企業に所属する500人を抽出して調査と分析を行った。

 それによると、データ分析の活用状況は前回調査に比べ全体で7.0ポイント増加し、データ分析需要の高まりがうかがえた。産業分野別では製造、情報/通信、金融で顕著に増加、保有する社内データが豊富でデータ分析を推進する条件が整っていると分析する。

 データ分析予算の増減は、6割以上の企業が「前年と変わらない」「増加」と答えたが、「予算の増減はわからない」も多く、先行き不透明感で予算が決め切れていない様子がある。また、専任のデータ分析組織を整備する企業は前回に比べ4ポイントほど増加し、特に大企業でデータ分析専任組織化の整備が進んだという。

 しかし、専任組織の整備はデータ分析活用の増加よりは緩やかで、データ分析人材の雇用は依然として厳しい状況が続く。約8割の企業が人材不足を挙げ、十分な人材を雇用できているのは7.2%だった。

企業におけるデータ分析の活用状況、縦軸は回答企業の2019年度の企業売上額(出典:IDC Japan)
企業におけるデータ分析の活用状況、縦軸は回答企業の2019年度の企業売上額(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]