編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

アサヒグループ、国内グループ企業の間接材調達で「SAP Ariba」を活用

NO BUDGET

2020-08-06 07:10

 アサヒグループホールディングス(アサヒグループ)は、調達・購買SaaS「SAP Ariba」を導入。国内グループ企業における間接材の調達改革を実施した。

 SAP Aribaは、2019年1月にアサヒグループおよび経営管理グループ本社のアサヒプロマネジメントでの稼働を開始している。その後、同年7月にアサヒビール、2020年1月にアサヒ飲料およびアサヒグループ食品での稼働を開始した。

 アサヒグループではグローバル消費財企業の調達機能のプラクティスとのギャップの分析などを行った結果、日本においては直接材の連携体制の強化と間接材のカバー率の拡大が当面の課題と判断した。そこで「コストリダクション獲得の拡大」「コンプライアンス強化」「生産性の向上」を目的に、ルール、システム基盤、人材・組織基盤の整備を推進するため新たなシステム基盤としてSAP Aribaの導入を決定した。

 2021年に向けては、継続的なコストリダクションを実現し、アサヒグループ全社が調達する間接材総額のうち、SAP Aribaを通じて調達部門が関与する間接材調達金額の比率を80%以上にすることを目指している。今後は、サプライヤーとの適切なコミュニケーションを通じ関係性を強化するとともに、KPI(重要業績評価指標)設定・合意と実行評価・共有・改善を行い、「戦略的プロキュアメント」「持続可能な調達活動」「高品質な購買オペレーション」を行っていくグローバル情報基盤として、SAP Aribaを活用していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]