編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

住友倉庫、通関業務のインボイスなどの読み取りにAI OCR採用--90分を30分に

藤代格 (編集部)

2020-08-13 07:15

 物流事業を営む住友倉庫(大阪市北区、単体従業員数791人)は、人工知能(AI)を活用する光学文字認識(OCR)サービス「AIスキャンロボ」を採用。通関業務に活用し、約90分かかっていた業務を30分に削減したという。8月6日、サービスを開発するネットスマイル(文京区)が発表した。

 荷主に代行して実施する通関業務は、申告、検査に活用するインボイスなど多種多様な帳票を活用。荷主ごとのフォーマットがある一方で提出のレギュレーションは固定されており、PDFをプリントアウト、紙を見ながらチェックするという紙媒体ベースの作業が発生。OCR導入を検討するも、多用で複雑な帳票を一つずつ設定する必要があり、時間とコスト面で見合わなかったとしている。

 AIスキャンロボは、日本語のほか、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語に対応した独自開発のAI OCRを活用するSaaS。多段組など複雑な形式に対応しつつ、読み取るためのテンプレート作成代行もできるという。

多段組にも対応できる(出典:ネットスマイル) 多段組にも対応できる(出典:ネットスマイル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 読み取り箇所は、作業担当者によるマウス操作での設定も可能。設定範囲の特長、パターンの参照もでき、複雑な構造を持つ帳票でも正しく扱えるという。例として、住友倉庫では通常「カンマ」と認識する文字をマウスで範囲を限定して「ピリオド」と認識させているという。

 税別月額利用料金は3万円から。

導入前後の業務イメージ(出典:ネットスマイル) 導入前後の業務イメージ(出典:ネットスマイル)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]