NTT Com、立ち話感覚で使えるオンラインワークスペースを提供へ

ZDNET Japan Staff

2020-08-12 15:35

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、立ち話感覚で相談や雑談などのコミュニケーションができるよう設計したというオンラインワークスペース「NeWork」を発表した。利用は無料で個人も利用でき、8月31日から提供する。

 同サービスは、オンライン環境で気軽なコミュニケーションをより良く行えるよう、人を中心にした設計の専門家陣がデザインしており、ユーザーの体験価値を中心に据えるデザイン思考に基づいてプロジェクトを進めているという。ウェブ会議などによるオンラインコミュニケーションでは、事前に開催日時やURLを設定したり参加者に連絡したりする手間があり、同社では新たなコミュニケーション環境と位置付ける。

「NeWork」の画面イメージ
「NeWork」の画面イメージ

 利用時は、まずウェブブラウザーからユーザーの居場所に相当する「ワークスペース」に入る。ワークスペースの中には、話題などのテーマに応じた仮想的な会話の空間という「バブル」を作ることができる。ユーザーがバブルに参加している間は常時オンラインとなり、発言するだけでバブル内にいるほかのユーザーとすぐ会話できる。会話可能かの状態を仲間に通知でき、ビデオ通話や資料共有など本格的なウェブ会議もできる。同社のAI(人工知能)議事録作成支援サービス「COTOHA Meeting Assist」の併用で、会話の内容を自動的でテキスト化したり翻訳したりもできる。

 同社では、オンライン環境で不足しがちな業務などのチームやグループでのコミュニケーションの活性化や、開発プロジェクトなどのコミュニケーション環境としての利用を見込む。アジャイル型で自由にアイデアを発表したり、意見交換を行ったりできるような活用が期待されるという。

 サービス基盤では国内メディアサーバーを利用し、会話などデータが海外を経由することはないとする。NTTセキュアプラットフォーム研究所やNTTセキュリティ、WhiteHat SecurityなどNTTグループ企業の技術を採用し、セキュリティを確保しているとする。

 今後は、「バブル」の非公開設定やワークスペース参加人数の拡張、テキストチャット機能、感情表現などの機能強化を随時図っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]