編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

日本生命、営業職員5万人に富士通製スマホ--チャットボットで問い合わせ効率化

藤代格 (編集部)

2020-08-17 07:00

 日本生命保険相互(日本生命、大阪市中央区、従業員数7万1871人)は、法人向けスマートフォン「FUJITSU Smartphone ARROWS M359」約5万台を全国の営業職員向けに採用。

ARROWS M359(出典:富士通)
ARROWS M359(出典:富士通)

 チャットボットや教育プラットフォームなどのサービスと併用し、営業活動の高度化、業務効率化を実現するという。8月12日、富士通が発表した。

 富士通コネクテッドテクノロジーズが開発、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)性能に加え、汚れた場合は洗剤で洗えるというARROWS M359と、チャットボット、教育プラットフォーム、営業支援の3種類のサービスを活用すると説明。

 チャットボットサービスは、富士通の人工知能(AI)「Zinrai」を活用する「CHORDSHIP(コードシップ)powered by Zinrai」を搭載。電話などで社内担当者に問い合わせていた保険商品、契約の内容、払い込み日程などをチャットボットで確認できるという。

 回答内容は特別なプログラミング技術不要でチューニング可能なため、日本生命でコントロールできるという。新商品や新制度にも素早く対応しつつ、社内確認を効率化できるとしている。

 教育プラットフォームは、富士通が8月7日に発表した金融分野の営業職員向けサービス「FUJITSU Finplex アドバンスドチーミングエクスペリエンスサービス powered by UMU」を搭載する。

教育プラットフォームサービス概要イメージ(出典:富士通)
教育プラットフォームサービス概要イメージ(出典:富士通)

 移動中や隙間時間にスマホで学習できるほか、AIで受講者一人ひとりを分析可能。個人にフォーカスした教育プログラムを提供できるという。

 管理者は受講者の進捗状況確認に加え、エリア、テーマ、スキルなどでグルーピングできる。また、朝礼、日報、会議やアンケートなど、双方向のコミュニケーション機能もあるとしている。

 営業支援アプリでは、スケジュールや業務状況をセキュアに共有できるという。営業職員の似顔絵自動生成なども可能。顧客とのコミュニケーションを円滑にできるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]