編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

世界株高の先は?--米大統領選「ハリス効果」と米中緊張が真夏の逆サプライズに?

ZDNet Japan Staff

2020-08-14 11:22

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 世界株高は「世界経済サプライズ指数」の改善が追い風
  2. 米中対立の緊張化は香港市場と日本市場のリスク要因に
  3. 大統領選挙でトランプが巻き返し?隠れ支持者、今回は?
  4. バイデン氏の副大統領候補…「ハリス旋風」の影響は?

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

世界株高は「世界経済サプライズ指数」の改善が追い風

 米国市場のS&P500指数は最高値に迫る株高となっている。新型コロナ感染拡大を巡る不安が拭えない中、FRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和長期化期待で「長期実質金利(米10年国債利回り-期待インフレ率)」は▲1.0%前後で推移している。

 確定利回り証券(債券)の投資妙味が減退する中、リスク資産(株式)にマネーが染み出す「過剰流動性相場」が続いている。

 一方、世界のG20(20カ国・地域)はパンデミック対策で総計約10兆ドルの景気刺激策を投資した(WHO推計)。ワクチン開発の進展と事前調達(量産前の確保)に関する報道が相次いだことも株高要因となっている。

 MSCI世界株価指数は7月21日に50日移動平均線が200日移動平均線を上抜けるゴールデン・クロスを形成し強気相場を確認した(図表1)。

 なお、「世界経済サプライズ指数」の改善が続いている状況にも注目だ。米・中・欧の経済指標の発表値がおおむね「予想よりも良かった」や「予想ほど悪くなかった」が続いている傾向を示す。

 米アトランタ連邦準備銀行が毎週発表している「GDPナウ予想」は、今四半期(7~9月期)の実質成長率が「+20%」に急回復すると見込んでいる。

 景気敏感株やエネルギー株の買い戻しで、8月6日にゴールデン・クロスを形成していた米ダウ平均も戻り高値を再び更新。こうしたリスク選好が為替相場でのドル安・円高一巡感につながり、日経平均株価は再び2万3000円を突破する動きとなった(13日)。

<図表1>世界経済サプライズ指数が急上昇している

*世界経済サプライズ指数=Citigroup Economic Surprise Index-Global
(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月初~2020年8月12日)
*世界経済サプライズ指数=Citigroup Economic Surprise Index-Global
(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月初~2020年8月12日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]