編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ニュータニックス、「Nutanix Clusters on AWS」を一般提供--HCIソフトをAWS上に展開

渡邉利和

2020-08-14 11:00

 ニュータニックス・ジャパンは8月14日、「Nutanix Clusters on AWS」の一般提供を開始した。これは、同社のハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)ソフトと全製品・サービスの柔軟性や使い勝手をAmazon Web Services(AWS)環境の「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)ベアメタルインスタンスに拡大するものになる。

 別の言い方をするなら、NutanixのHCIシステムのハードウェア部分をAmazon EC2ベアメタルインスタンスに入れ替えることができるようになった、と表現することも可能だろう。これにより、オンプレミスとAWSの間で全く同じインフラを利用可能となり、ワークロードの自由な移動が可能になることに加え、オンプレミスやクラウドなどを横断的に移転可能な「ライセンスポータビリティー」も提供される。

米Nutanix APJ地域担当 フィールドCTOのJustin Hurst氏
米Nutanix APJ地域担当 フィールドCTOのJustin Hurst氏

 概要を説明した米NutanixのAPJ地域担当 フィールドCTO(最高技術責任者)のJustin Hurst氏は、エンタープライズユーザーの85%がオンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた“ハイブリッドクラウド”が「理想的なIT運用モデル」であると位置付けている、といった調査結果を紹介。一方、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドでは基本的なアーキテクチャーが異なっていることから、ハイブリッドクラウドは複雑になりアプリケーションをそのままでは移行できないなどの問題が生じると指摘した。

 同氏は具体的に「パブリッククラウドでは、信頼性や耐障害性の確保はアプリケーションで行うが、プライベートクラウドではハードウェア/ストレージ/ネットワーキングのレイヤーで行っており、根本的に異なっている」と指摘。信頼性がインフラで確保されていることを前提として構築されたオンプレミス/プライベートクラウド向けのアプリケーションをそのままパブリッククラウド上で実行しようとすると、本来必要なレベルの耐障害性が確保できなくなるなどの問題が生じるとした。

 こうした不整合を避けようとすれば、アプリケーションをクラウド向けに書き直すなどの手間やコストが生じてしまうが、Nutanix Clusters on AWSであればオンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドとで全く同一のインフラを利用できる形になるため、アプリケーションをそのままどちらでも実行でき、運用管理などの面でも単一のスキルセットで対応できるようになるとした。

ニュータニックス・ジャパン マーケティング統括本部 プロダクト・マーケティング・マネージャーの三好哲生氏
ニュータニックス・ジャパン マーケティング統括本部 プロダクト・マーケティング・マネージャーの三好哲生氏

 続いて、詳細を説明したマーケティング統括本部 プロダクト・マーケティング・マネージャーの三好哲生氏は、Nutanix Clusters on AWSについて端的に「AWSベアメタルインスタンス上でオンプレミスと全く同じソフトウェアが動作する」と説明し、将来的にはAWS以外の他のクラウド環境への拡張も計画されているとした。

 利用に当たっては、ユーザーが自分でAWS内にVPC(Virtual Private Cloud)環境を確保した上でベアメタル環境上にNutanixソフトをインストールするという形になる。ライセンスに関しては、オンプレミスで利用しているライセンスをAWSに“持ち込む”BYOL(Bring your own License)のほか、パブリッククラウド向けの時間単位課金のPAYG(Pay as you Go)ライセンス、PAYGに対するボリュームディスカウント的な位置付けとなるCC(Cloud Commit)なども利用可能となる。さらに、無償で試用できるプログラムとして、「テストドライブ」「無料トライアル」「シングルノードフリー」なども提供される。

同社が考える、ハイブリッドクラウド環境に必要となる要素。逆に言えば、これらがNutanix Clusters on AWSが提供する基本的な価値に当たる部分となる。

同社が考える、ハイブリッドクラウド環境に必要となる要素。逆に言えば、これらがNutanix Clusters on AWSが提供する基本的な価値に当たる部分となる。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]