編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「iPhone SE」を企業が検討すべき理由

ZDNet Japan Staff

2020-08-16 08:00

 「iPhone」に関するうわさは、これでしばらくは沈静化するだろう。小型だが強力な「iPhone SE」の第2世代モデルをAppleが正式に発表した。この新型モデルは、2016年のiPhone SEの後継機種で、「iPhone 8」と同様の外観だが、内部コンポーネントはAppleの現行世代のスマートフォンに匹敵する性能を備えている。

 この新しいエントリーレベルのデバイスの最も素晴らしい特徴は、おそらくその価格だろう。新型iPhone SEの価格はわずか399米国ドルからとなっている。そのため、より小型のiPhoneを欲する人々だけでなく、会社所有のAppleデバイスを従業員に支給したいと考えている企業にとっても、最適な製品である。

 米TechRepublicの姉妹サイトである米ZDNetに寄稿するJason Cipriani氏は、2020年のiPhone SEがAppleのラインアップで果たすことのできる役割について、率直に語っている。「これは、10代の若者が初めて所有するスマートフォンとして堅実な選択肢であるだけでなく、大金を費やすことなく従業員にiPhoneを支給したいと考えている組織や企業にとっても理想的なソリューションである」(Cipriani記者)

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年4月28日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]