編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

AWS、「Graviton2」搭載の「Amazon EKS」インスタンスを一般提供

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-08-18 11:50

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間8月17日、コンテナー管理基盤「Kubernetes」をフルマネージド型サービスで提供する「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)において、「AWS Graviton2」プロセッサーを搭載したインスタンスの一般提供(GA)を開始した。なお、Amazon EKSでAWS Graviton2を利用するには、顧客のリージョンで双方のサービスが利用可能になっている必要がある。

 2019年に発表されたGraviton2は、AWSとAmazon傘下のAnnapurna Labsがクラウドでの利用を念頭に置いて独自開発したArmベースのプロセッサーだ。AWSのMichael Hausenblas氏はGraviton2を搭載したAmazon EKSインスタンスの利点について同社ブログ上で以下のように説明している。

 「Armベースの『Amazon Elastic Compute Cloud』(Amazon EC2)インスタンスは、AWS Graviton2プロセッサーによって性能と能力が大きく強化されるとともに、著しいコストダウンが実現される。また、コンテナーを稼働させる主な目的は、ユーザーアプリケーションのコストパフォーマンス向上だ。この2つを組み合わせることで、素晴らしい価格性能を手に入れられる」

 今回、Amazon EKSがGraviton2プロセッサー上で利用可能になったことで、ARMv8.2アーキテクチャー(64ビット)が他のアーキテクチャーとともにサポートされるようになった。これによりエンドツーエンドのマルチアーキテクチャーサポートが提供され、EKS APIやツールがアーキテクチャー固有の設定を扱えるようになった。またこれは、マネージド型ノードグループを混在できるようになったということも意味している。

 またAWSは同日、Amazon EKS向けの「AWS Fargate」が「Amazon Elastic File System」(Amazon EFS)をサポートするようになったと発表した。AWS Fargateは、Amazon EKS「Amazon Elastic Container Service」(Amazon ECS)の双方で利用可能なコンテナー向けのサーバーレスコンピュートエンジンである。同社は4月、Amazon ECS上のAmazon FargateでAmazon EFSをサポートすると発表していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]