編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

Javaが誕生した25年前--1995年に登場、台頭したテクノロジーを振り返る - 2/11

Jonathan Greig (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2020-08-23 08:30

Java

 Javaが時の試練に耐えることができたのには、多くの理由がある。Sharples氏によれば、最初に開発されたときのJavaは、オープン標準ではなかった。他の企業にもライセンスが供与された技術で、それによって最初から非常に大きなエコシステムを手に入れていた。 

 「Javaは使いやすさの面でも、World Wide Webやネットワークなどをサポートする能力においても、それ以前の技術に比べはるかに優れていた。Javaは、ネットワークを重要な問題として扱った最初の言語だった」とSharples氏は言う。

 「Javaは市場のニーズを満たし、商用ライセンスエコシステムのおかげで、非常に早い段階で市場を支配した。そのことが優位性の蓄積を生んだ。開発者が増えたため、ツールやサポートも改善され、Javaについて書いた書籍も増えた。書籍や初心者向けのガイドが手に取れるようになっていたことで、より多くの開発者がこの言語に引きつけられた」

 Javaが成功した大きな理由の1つは、多くのプログラミング言語が特定の作業や分野を得意としていたのに対して、Javaはさまざまな用途に使えたことだった。汎用的な言語であったJavaは、常に注目を集め、進化を続け、十数年前にオープンソース化された。

 Sharples氏はまた、JavaがGoogleのモバイルプラットフォームの一部に採用されたことで、開発者の職や、Java(あるいはJavaから派生した言語)で書かれたアプリが増えたことにも言及した。

 「Javaにはいくつかかなり驚異的なところがあり、驚くべき技術だと言える」とSharples氏は言う。「実際、ウェブのリクエストを受信したり、トランザクションの処理を行ったりしているうちに、自動的に適応してアプリケーションをチューニングし、徐々に高速化、効率化していく機能を持っている」

Java

 Javaが時の試練に耐えることができたのには、多くの理由がある。Sharples氏によれば、最初に開発されたときのJavaは、オープン標準ではなかった。他の企業にもライセンスが供与された技術で、それによって最初から非常に大きなエコシステムを手に入れていた。

 「Javaは使いやすさの面でも、World Wide Webやネットワークなどをサポートする能力においても、それ以前の技術に比べはるかに優れていた。Javaは、ネットワークを重要な問題として扱った最初の言語だった」とSharples氏は言う。

 「Javaは市場のニーズを満たし、商用ライセンスエコシステムのおかげで、非常に早い段階で市場を支配した。そのことが優位性の蓄積を生んだ。開発者が増えたため、ツールやサポートも改善され、Javaについて書いた書籍も増えた。書籍や初心者向けのガイドが手に取れるようになっていたことで、より多くの開発者がこの言語に引きつけられた」

 Javaが成功した大きな理由の1つは、多くのプログラミング言語が特定の作業や分野を得意としていたのに対して、Javaはさまざまな用途に使えたことだった。汎用的な言語であったJavaは、常に注目を集め、進化を続け、十数年前にオープンソース化された。

 Sharples氏はまた、JavaがGoogleのモバイルプラットフォームの一部に採用されたことで、開発者の職や、Java(あるいはJavaから派生した言語)で書かれたアプリが増えたことにも言及した。

 「Javaにはいくつかかなり驚異的なところがあり、驚くべき技術だと言える」とSharples氏は言う。「実際、ウェブのリクエストを受信したり、トランザクションの処理を行ったりしているうちに、自動的に適応してアプリケーションをチューニングし、徐々に高速化、効率化していく機能を持っている」

提供:bizoo_n / Getty Images

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]