編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

コロナに負けない優待株、プロが選ぶ4銘柄--期待の銘柄とは?

ZDNet Japan Staff

2020-08-20 11:22

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 人気の株主優待銘柄にはコロナ直撃で業績不振が多い
  2. コロナに強いと筆者が判断する4銘柄を選別
  3. 4銘柄の配当利回りをチェック
  4. コロナ後に回復を期待するイオンモール

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

人気の株主優待銘柄にはコロナ直撃で業績不振が多い

 小売り、外食、空運、サービス業には、個人投資家に人気の株主優待銘柄が多数ある。しかし、小売り、外食、空運、サービス業には今、コロナショックで業績に深刻なダメージを受けている銘柄がたくさんある。中には、「減配」「優待の改悪」を発表し、株価が下がる銘柄もあるので注意が必要だ。

 新型コロナウイルス感染症が去れば業績が急回復すると期待できる銘柄はまだいいが、コロナ後も構造的に収益低迷が続くと考えられる銘柄には投資すべきでない。

 一部の優待投資家に、優待内容の魅力だけ見て業績をほとんど見ない方もいらっしゃるが、今は業績・財務内容・ビジネスの中身(コロナに強いか)もしっかり見て投資銘柄を選別すべきと思う。

 まずは人気トップ60(※注)をご覧いただきたい。

※注:8月19日現在、日本の上場企業で株主優待を実施している銘柄は1484。楽天証券の中で保有している株主の数が多いほど人気が高いと判断し、保有株主数の上位60社をピックアップ。

株主優待を実施している銘柄の人気トップ60

出所:楽天証券「株主優待検索」
出所:楽天証券「株主優待検索」

 上記は推奨銘柄ではない。楽天証券の株主優待検索で得られた情報をそのまま掲載している。上記には「筆者が投資すべきでない」と考える銘柄も含まれている。また、第3位に入っている楽天について、筆者は投資判断を述べることはできない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]