プロアクティブが重要--顧客満足度向上を狙う「Circlace」のユニークさ - (page 2)

阿久津良和

2020-08-21 06:45

 別の事例では3万件のPCの使用申請データを自然言語処理で類型化し、全業務の30%に必要な承認処理を認識することに成功。井上氏は「“教師あり学習”で未来予測、“教師なし学習”なら問い合わせ内容のグループ化、適切な照明やエアコンの温度設定など強化学習にも利用できる」と説明する。

Circlaceの構造(出典:サークレイス) Circlaceの構造(出典:サークレイス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 サークレイスは2020年後半のロードマップとして、プロジェクトの再利用機能や自然言語処理を用いた検索機能の強化、CTI Taxonomy(タクソノミ)による業務分野の分離と自動任命、再帰型ニューラルネットワーク(RNN)や長時間短期記憶(LSTM)を活用した自然言語処理(NLP)の強化を目指す。2021年前半はビッグデータを活用するプラットフォーム化やPaaSとしてのAPI、ブロックチェーンの活用強化を予定している。

 2016年7月に自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指すために開発したCirclaceについて、佐藤氏は「(コロナ禍において)リモートワークを余儀なくされ、ビジネスの変革が求められている。(Circlaceは)この4年間やってきた変革そのもの。その知見が詰まったプラットフォームを使っていただくことで、顧客のDXを支援できる」と説明した。

(左から)CDO 井上賢氏、代表取締役社長 佐藤潤氏、取締役会長 佐藤司氏、同社マーケティング部 杉山弘治氏
(左から)CDO 井上賢氏、代表取締役社長 佐藤潤氏、取締役会長 佐藤司氏、同社マーケティング部 杉山弘治氏

 現在、5社がCirclace導入を前提とした試験運用を開始しており、同社は2021年以降の拡大を実現するため、「営業やマーケティングなど事業拡大に注力する」(佐藤氏)。5年後の2024年度には2400社6万人、累計契約額18億円の目標を掲げた。先着10社で1年間の初年度利用料を無料にするキャンペーンも実施している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]