メインフレームやオフコンなどの“レガシー”が稼働する理由と対応策を考える

TechRepublic Japan Staff

2020-08-24 06:30

【ラウンドアップ】

 日本企業の多くで今でもメインフレームやオフィスコンピューター(オフコン、ミッドレンジコンピューターとも呼ばれる)、UNIXなどのいわゆる“レガシー”なシステムが稼働している。

 しかし、レガシーであるが故に、企業のビジネスに影響をもたらすようにもなっていることは明らかだ。また。なぜ、レガシーなシステムが今でも現役なのかを考えると、その対応方法も検討し直す必要があるかもしれない。

 現在はパブリッククラウドやサーバーレスなどの選択肢があるので、それらを活用して、レガシーなシステムを効率的にモダナイズすることも可能だ。

「攻めのIT経営銘柄」に見るモダナイズの実際

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]