編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

明治、社用スマホに「COCOA」導入--従業員約4000人が対象

NO BUDGET

2020-08-25 15:00

 明治は、従業員約4000人に貸与している社用スマートフォンに、厚生労働省が推奨する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を導入した。

 COCOAでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、感染者と接触した可能性を利用者に通知する。接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを素早く受けることができるとしている。また、アプリの利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されている。

 同社では、アプリを導入した従業員が感染者と接触したことを早期に把握し、職場内クラスター(集団感染)の発生防止や社内外の関係者への感染防止につなげていく。また感染者が発生した際は、感染者本人がアプリへの陽性者登録を積極的に行うとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]