編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

シスコ、「Webex」ビデオ会議の質向上へ--ノイズ除去技術のBabbleLabs買収発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-08-26 10:58

 Cisco Systemsは米国時間8月25日、ノイズ除去技術や音声品質向上技術を手がけるBabbleLabsを買収する意向を明らかにした。Ciscoのコラボレーションポートフォリオを強化することが狙いだという。

 BabbleLabsの技術は、人工知能(AI)を用いて人の声と不要なノイズを識別し、コミュニケーションの質を向上させる。また、リアルアイムでバックグラウンドノイズを除去する。

 Ciscoは、「Cisco Webex Meetings」を含むコラボレーションポートフォリオにBabbleLabsのテクノロジーを統合する計画だ。

 買収はCiscoの2021会計年度第1四半期に完了する見通しだ。買収完了後、BabbleLabsのチームはCisco Collaboration Groupに加わるとCiscoは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]