編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Google Cloud、「Anthos」アップデートやアプリモダナイゼーションプログラム発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-08-26 12:52

 Google Cloudはアプリケーションのモダナイゼーションを支援するための、「Anthos」向けの一連のツールを発表した。

 デジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」の最新セッションで発表された。Google Cloudがより多くのエンタープライズ顧客を獲得するためにどのようにAnthosを活用しているのかが示されていた。

 Google Cloudは、エンタープライズにおけるハイブリッド配備の勢いが増す中、Anthosに一層力を注いでいるようだ。

 今回の発表の概要は以下の通りだ。

  • Google Cloudは、「Anthos Identity Service」を発表した。これにより既存のアイデンティティーツールとAnthosのワークロードをシームレスに連携させられるようになる。このサービスは「OpenID Connect」をサポートしている。OpenID Connectのサポートは、オンプレミスのAnthosで一般提供が開始されており、「Amazon Web Services」(AWS)上のAnthosではベータ段階となっている。
  • 「Anthos Attached Clusters」は、Anthosのコントロールプレーンで「Kubernetes」クラスターを管理できるようにする。
  • ベアメタル向けのAnthosは現在ベータ段階となっている。オンプレミスやエッジでハイパーバイザーなしでAnthosを実行できるようにする。
  • Anthos初のハイブリッド人工知能(AI)ツールである「Speech-to-Text On-Prem」の一般提供が開始された。

 さらにGoogleは、「Google Cloud Application Modernization Program(CAMP)」を発表した。また、開発者エクスペリエンスの統合を目的として、「Cloud Code IDE」から「Cloud Run」を使用できるようにするためのプラグインも発表している。

 CAMPは以下を特長としている。

  • 優先順位を強調し、成果を最大化し、モダナイズするべきアプリケーションを洗い出すための、データドリブンな評価、ベンチマークを目的としたツール群。
  • Google CAMPは既存のGCPサービスを活用し、レガシーなアプリケーションも新しいアプリケーションも構築、実行、管理できるようにする。堅牢なセキュリティ、変更時の素早いフィードバックの提供、段階的なロールアウト、柔軟性などを重視している。「Cloud Code」「Cloud Build」「Container Registry」「Cloud Ops」などのツールが利用できる。
  • 実績のあるプラクティスやソリューション、レコメンデーション。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]