編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフトの「MeTAOS」とは?

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2020-08-27 06:30

 Microsoftウォッチャーたちの間で、先週あたりから、新たなコード名らしき言葉が話題になっている。その言葉とは、Walking Cat氏(@h0x0d)やTero Alhonen氏(@teroalhonen)がツイートした「MeTAOS」や「Taos」だ(Windows CentralのZac Bowden氏によると、これらは基本的に同じ1つのものであり、「Taos」は単なる「MeTAOS」の省略形だという。これは筋が通っているように感じられる)。

MeTAOSとは
提供:米ZDNet

 以下は、これらの名前について、そしてMeTAOSがMicrosoftのクラウド/人工知能(AI)戦略のなかでどのように機能していくのかについての筆者の考えだ。

サブストレートというビジョンとメッセージングの発展

 Microsoftは既に、「Microsoft 365」や「Office 365」の製品群を「生産性クラウド」と位置付けている。同社はOffice 365の基盤となるレイヤーを「サブストレート」と呼んでおり、同社の顧客データプラットフォームとしている(サブストレートという考え方はしばらく前から温められていたものであり、もともとは「Microsoft Exchange」のデータストアアーキテクチャーの一部だった)。

 Microsoftは現在、「SharePoint」とOffice 365サブストレート、「Microsoft Azure」、同社の機械学習(ML)インフラなどの上に位置付けられる大規模分散プラットフォーム、すなわちファウンデーションを構築するという取り組みの真っ最中だ。筆者にとってMeTAOSは、Office 365アプリが現在動作するすべてのプラットフォーム上で同社のAI技術を活用できるということを強調し、サブストレートというビジョンとメッセージングを発展させるための同社の試みに見える。

Microsoftが進化させたいと考えているレイヤー

 MeTAOS/Taosは、「Windows」やLinuxといった、われわれが現在考えているようなOSではない。これはむしろ、ユーザーエクスペリエンスと、ユーザーが使用するアプリをよりスマートかつよりプロアクティブなものにするという目的の下、サブストレート内のユーザーデータをさらに活用するために同社が進化させたいと考えているレイヤーだと言える。

 Taosのプリンシパルエンジニアリングマネージャーの求人ページには、ファウンデーションレイヤーに関する言及がある。

 われわれはこのファウンデーションの上に、自社のデバイスやアプリ、技術を中心とするのではなく、人々と彼らが実行したいと考えているものごとを中心に据えたプラットフォームを作り出したいと考えている。このビジョンには、Microsoft 365の未来を作り出すとともに、業界全体に劇的な影響を与える可能性が秘められている。

 関連するSharePoint/MeTAの求人ページにも参考となる情報が記載されている。

 われわれは、顧客に「AIネイティブ」な力をもたらせる機会に際して大きな期待を抱いている。AIネイティブな力とは、仕事を効率的に達成する上で必要となるファイルやウェブページ、ニュースといったコンテンツを、顧客の意図やコンテキストを理解した上で、作業習慣に適したかたちで、タイムリーかつ行動に展開可能な通知として提供することによって顧客の能力を強化するテクノロジーだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]