編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

三菱地所と丸紅、東京駅近隣にデータセンターを新設

ZDNet Japan Staff

2020-08-27 12:18

 三菱地所と丸紅が出資する丸の内ダイレクトアクセスは8月27日、2021年7月に東京駅近くの常盤橋エリアに「大手町第2データセンター」を開設すると発表した。同社が手掛ける東京駅周辺のデータセンターとしては3カ所目になる。

 大手町第2データセンターは、総ラック数は約130を予定する。同社は大手町や丸の内、有楽町地区のほとんどのビルを自社光ファイバー網で直結しており、大手町第2データセンターをLAN環境で使用できるとする。各地区のオフィスからも徒歩アクセス可能な利便性や災害対策での堅牢性、新型コロナウイルス感染症に伴う安全性確保ためのリモートワークインフラといった特徴に加え、企業が推進するデジタルトランスフォーメーション(DX)関連施策の拠点が大手町に集積していることから、ビジネスイノベーションインフラとしてのメリットも掲げる。

 設備は、電源が交流と無停電電源設備(UPS)による並列冗長構成で、非常用のガスタービン発電(機燃料備蓄は72時間分)を有する。空調はコールドアイルの空冷(冗長構成)、通信はキャリアフリーで、複数のインターネットエクスチェンジと直結可能としている。

 常盤橋エリアでは現在再開発が進められており、JR東京駅の日本橋口改札からは徒歩数分の距離になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]