編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ウェブ会議「Zoom」、自宅利用の専用端末を10月から提供

阿久津良和

2020-08-28 07:15

 ZVC Japan(Zoom Japan)、Neatframe、DTENの3社は8月27日、Zoomの最新アップデートや「Zoom Rooms」、「Zoom for Home」専用デバイスとなる「DTEN ME」を披露する発表会を開催した。Zoom Roomsは会議室での利用を想定しているが、専用のライセンスが必要となる。

 7月15日に米本社Zoom Video Communicationsが発表したZoom for HomeについてZoom Japan カントリーゼネラルマネージャー 佐賀文宣氏は「(Zoom Roomsは)ハードウェア一体型として会議室で使うために開発し、自宅利用を想定していなかった。(Zoom for Homeは)ハードウェアベンダーの協力を得て、自宅からの利用を可能にしている」。DTEN MEは10月からの出荷を予定しており、税別価格は9万円となる。

Zoom for Home専用デバイス「DTEN ME」(出典:DTEN)
Zoom for Home専用デバイス「DTEN ME」(出典:DTEN)

 Neatframeは2018年に設立されたノルウェーの企業であり、Zoomのテクノロジーパートナー。非PCベースの専用ハードウェア「neat.」シリーズとして、ディスプレイ上部に設置する「neat.Bar」、会議室入り口や会議室内に設置する「neat.Pad」、ホワイトボード機能を備えた大型ディスプレイ「neat.Board」を提供している。

 たとえばneat.Padを廊下に設置した場合、未使用時は緑色のステータスバーが、誰かが入室するとセンサーが検知して赤色に変わり、neat.padをタップしてオンライン会議をスタート。終了後に退出すると緑色に戻る。

「neat.」シリーズはZoom Roomsで活用できる(出典:Neatframe) 「neat.」シリーズはZoom Roomsで活用できる(出典:Neatframe)
※クリックすると拡大画像が見られます
Neatframe カントリーマネージャー 柳澤久永氏
Neatframe カントリーマネージャー 柳澤久永氏
DTEN アジア太平洋地域セールスエンジニアリングシニアマネージャー 黒瀧信一氏
DTEN アジア太平洋地域セールスエンジニアリングシニアマネージャー 黒瀧信一氏

 Zoomの設定や更新などはZoom経由で実行する。「会議室の空調管理として温度やCO2(二酸化炭素)、VOC(揮発性有機化合物)などの計測機能も備えた」(Neatframe カントリーマネージャー 柳澤久永氏)。Neatframeは自宅からのテレワーク環境や教育現場、フィットネススタジオなどでの利用を想定し、9~10月ごろの国内展開を予定している。

 2017年からZoomテクノロジーパートナーとして参画したDTENは、4Kカメラや独自DSPエンジンを備えた「DTEN D7」などを展開している、今回新たにZoom for Home認定デバイスとしてDTEN MEの国内展開を開始する。

 「オフィスレベルのコラボレーションをリモートで簡単にできるソリューションを(Zoom Video Communicationsと)共同開発した。箱から出して5分程度でZoomが使える」(DTEN アジア太平洋地域セールスエンジニアリングシニアマネージャー 黒瀧信一氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]