日本IBM、デジタルレイバーの遠隔監視/運用管理サービスを提供

NO BUDGET

2020-09-03 10:00

 日本IBMは、「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター(AOCC)」の提供を日本で開始すると発表した。AOCCは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)によるデジタルレイバー(仮想知的労働者)の遠隔監視、運用管理を実行・支援するサービスになる。

 AOCCは、2017年から世界180社超、1800以上の稼働中のデジタルレイバーを監視してきたサービスで、デジタルレイバーの有効化(品質管理と計画調整)や予防的な稼働監視(操作対象アプリや依存するインフラを含む)、統合インシデント管理(チケット起票、通知、エスカレーション設定)などを行う。

 またAI(人工知能)診断と自動復旧、問題判別用ログ検索とクイック修復、運用メトリクス管理と洞察に基づく改善提案も行う。

 利用価格は「IBM Cloud」を用いたSaaS版で月額45万円から。利用時間や監視件数などによって変動する。初期費用も別途必要。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]