編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテル、第11世代「Core」プロセッサー「Tiger Lake」を正式発表--新ロゴも

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)

2020-09-03 11:59

 IntelのノートPC向けCPU「Tiger Lake」が、2019年の「Ice Lake」モデルより優れたものになることは分かっていた。そして今、どれほど改善されたかが明らかになった。Intelは米国時間9月2日、第11世代「Core」プロセッサーTiger Lake発表イベントで、複数の分野での高速化を実現したことを明らかにした。数年間の停滞を経て、同社がようやくある程度の活力を取り戻したことを示しているようだ。

Intel
提供:Intel

 Intelのクライアントコンピューティンググループでゼネラルマネージャーを務めるGregory Bryant氏は、「これはノートPC向けプロセッサーにおける、過去10年を超える期間の中でも最も大きな飛躍だ」と述べた。Intelによれば、150モデルのTiger Lakeを搭載したノートPCが予定されている。

 さらにハイエンドのTiger Lakeチップでは、Intelの新しい「Xe」テクノロジーにより、Ice Lakeと比べてグラフィックス性能が大幅に向上する。Xeテクノロジーは、軽量級のノートPCからスーパーコンピューターまで、あらゆる製品向けに設計されている。Tiger Lakeでは、高速ストレージデバイスや高解像度モニター用に「Thunderbolt 4」が統合されている。また、Tiger Lakeを搭載したPCは最新の「Wi-Fi 6」標準をサポートし、高速で信頼性の高いネットワーク接続が可能になる。

Gregory Bryant, leader of Intel's PC chip business, holds a 300mm wide wafer with hundreds of Tiger Lake processors.
提供:Intel

 またIntelは、第11世代Coreプロセッサーをベースとした設計「Intel Evo」プラットフォームを発表している。先進的なノートPCの設計を実現する「Project Athena」を進化させたものだ。

Intel
提供:Intel Corporation

 さらにIntelは、新しいロゴを披露した。シニアバイスプレジデントで最高マーケティング責任者のKaren Walker氏は2日、オンラインイベントで、プロセッサー業界で競争が激化する中、「当社の象徴的なブランドの未来を受け入れるときだ」と述べた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]