編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

国内タスクマイニング市場、2024年度には75億円規模に--ITR調査

NO BUDGET

2020-09-04 15:17

 ITRは9月3日、国内タスクマイニング市場の規模推移と予測を発表した。これによると、2019年度の売上金額は4億円、2020年度は15億円となり、前年度比275.0%増の急速な伸びが予想される。

 また、2024年度の市場規模は75億円、2019〜2024年度の年平均成長率(CAGR)は79.7%で推移すると予測される。同市場は2019年度に市場を形成したばかりで規模はまだ小さいが、市場認知度は急速に高まっているという。

タスクマイニング市場の規模推移と予測(2018〜2024年度予測)
タスクマイニング市場の規模推移と予測(2018〜2024年度予測)

 タスクマイニングは、PCの操作ログを入力データとして、個々の従業員が実行する日常業務(タスク)の可視化や分析を行う製品。従業員の生産性や業務分担の偏りを明らかにしたり、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)による自動化やシステム化の対象を選定したりといった用途に活用される。

 これらの製品は2020年にはコロナ禍での在宅勤務の増加に伴い、テレワークの業務実態を把握する手段として注目され導入が増加している。また、プロセスマイニングと組み合わせることで、企業のさまざまな部門にまたがる業務プロセスの可視化や最適化の実現も期待できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]