編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

もしバフェ5選--もしバフェットが日本株ファンドマネージャーだったら買うと考える5銘柄

ZDNet Japan Staff

2020-09-08 11:09

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. Warren Buffett氏が日本株投資に本格参入?
  2. 時代とともに変わるBuffett氏の運用手法
  3. 「もしバフェ」候補5銘柄(2020年9月4日時点)

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

Warren Buffett氏が日本株投資に本格参入?

 米国の著名投資家Warren Buffett氏は8月30日、同氏率いる米投資会社Berkshire Hathawayが1年以上かけて日本の5大商社株をそれぞれ発行済み株式数の5%超まで買ったと発表した。Buffett氏は声明で「日本の未来と5つの商社の未来に参画することを楽しみにしている」と述べた。この発表を受けて、5大商社株は8月31日、9月1日に大きく上昇した。

 Buffett氏は近年、米Appleなど成長株に積極投資したが、運用手法の根幹にはバリュー(割安)重視がある。最近、米国株の上昇が速すぎて、Buffett氏の投資基準に合うバリュー株が少なくなったことから運用対象を日本株にも広げたと考えられる。

 筆者は、日本にはBuffett氏の御眼鏡にかなうバリュー株がたくさんあると考えている。五大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)もそうだ。世界中で安定的にキャッシュフローを稼ぐ力をつけている割には、株価はPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回りなどの指標から見て割安である。

 今回のレポートでは、五大商社以外でBuffett氏が投資したいと考える可能性がある日本株は何か考える。

<参考>バリュー?グロース?--ウォーレン・バフェットがアマゾンは買えないけどアップルは大好きなワケ

 Warren Buffett氏は「自分が理解できないものには投資しない」という考えだった。ハイテク株やIT株に積極的には投資せず、Coca-ColaやAmerican Expressのような分かりやすい安定成長株を重視して投資してきた。

 米国株の上昇をけん引してきたGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)では、Apple以外には積極的に投資してこなかった。Amazonは高成長期待からいつでもPERなどの株価バリュエーションで高く評価されていたので、Buffett氏の投資意欲をかきたてなかった。「なぜAmazonを買わなかったのか」という投資家の質問に彼は「自分は間違っていた」と素直に認めている。

 そのBuffett氏が大好きなのがAppleだ。時価総額1兆ドルを超えてからわずか2年程度で2兆ドルを超えた同社は、今やPERなどのバリュエーションで割高に見えても、世界中の機関投資家が「買わざるを得ない」投資対象となった。

 ただし、Buffett氏がApple株を大量に取得し始めた2017~2018年には、PERで10倍台の低い評価に甘んじていた。安定成長が続いている割にPERなどの株価バリュエーションで割安に評価されていたことが、Buffett氏が投資を始めた理由と考えられる。当時、Appleはこれまでの成長をけん引してきたハード(iPhone)の成長余地が小さくなってきたことから、成長性に陰りが出てきたと考えられていた。Buffett氏はAppleがハードだけではなく、音楽配信や決済などのサービス事業で成長し始めていることにも注目した。

 つまり、バフェット氏がApple好きなのは「高成長は見込めなくても、安定成長を期待できるPERの低い株だから」であったと考えられる。つまり、成長を見ながらバリューも見る手法にぴったり合っているわけである。

 それでは、今のAppleはBuffett氏にどう見えるのだろうか。バリュエーションから見た割安感はなくなった。筆者は、今のAppleはBuffett氏が喜んで買う株価ではなくなっていると思う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]