編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日立、「VMware Cloud on AWS」への移行と構築運用を支援する新サービス

NO BUDGET

2020-09-09 15:01

 日立製作所は9月8日、VMwareとの協業を通じ、クラウド移行から構築、運用までを支援する2つのサービスメニューを拡充すると発表した。具体的には、「Hitachi Managed VMware Cloud on AWS」と「エンタープライズクラウドサービスG2」の2つが新たに提供される。

日立クラウドのサービス体系(出典:日立製作所)
日立クラウドのサービス体系(出典:日立製作所)

 Hitachi Managed VMware Cloud on AWSは10月1日に提供が開始される。オンプレミスのVMware vSphere環境をAmazon Web Services(AWS)に移行するだけでなく、ハイブリッドクラウド環境での運用、管理も可能にする。

 VMwareが提供する移行ツール「VMware HCX」を活用することで、既存システムの再設計を最小限に抑え、短期間でのVMware Cloud on AWSへの移行を支援する。また、オンプレミス環境とクラウド環境にある仮想サーバー群を一元的に管理できる監視サービス、VMware Cloud on AWSやオンプレミスなど複数の環境にまたがるバッチ処理を実行するタスク実行サービスも合わせて提供することで、移行後のハイブリッドクラウド環境においてもシームレスな監視や運用が可能となる。

Hitachi Managed VMware Cloud on AWSの概要(出典:日立製作所)
Hitachi Managed VMware Cloud on AWSの概要(出典:日立製作所)

 エンタープライズクラウドサービスG2は同日から提供されている。同サービスは自社で仮想マシン環境を構築したいユーザー向けのもので、VMware Cloudプロバイダー向けの認定制度であるVMware Cloud Verified認定取得に裏うちされた高度な仮想化技術により、リソースを安全に分割し柔軟性の高い環境構築を実現する。今後、ISMAP認証の取得も予定しており、官公庁・自治体など公共機関におけるクラウド基盤としても活用可能なセキュリティレベルを提供する予定だ。

 税別価格は、Hitachi Managed VMware Cloud on AWSが個別見積もり。エンタープライズクラウドサービスG2は日額1254円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]