編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「変わらなければレガシー産業は終わる」セールスフォース、中小向けDX支援策

阿久津良和

2020-09-11 07:00

 セールスフォース・ドットコムは9月10日、中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)と事業継続支援を目的とした「中小企業デジタル変革支援パッケージ」の提供を開始した。従業員数200人未満の法人を対象に最大30ライセンスを90日間無償提供する。

 クラウドベースの顧客管理システム(CRM)「Salesforce Sales Cloud」(エンタープライズ版)と、コラボレーションツール「Salesforce Quip」(エンタープライズ版)で構成。すでにSalesforceを利用中、もしくは検証中の法人は対象外。10月30日12時までに申し込みフォームへの登録が必要。

 同社はこれまでコロナ禍における中小企業支援として、医療関連物資を生産する製造業向けの「Salesforce Care」、事業再始動向けの「Work.com」を一定期間無償で提供してきた。Salesforce Careは今回の支援策を通じて全世界8000社が登録し、国内でも中小企業を中心とした多くの企業が登録している。

 東京商工リサーチが8月18日に発表した「第7回 新型コロナウイルスに関するアンケート」の調査結果によれば、「コロナ禍の収束が長引いた場合、廃業を検討する可能性はあるか」との問いに9644社中821社を占める8.5%が「ある」と回答。その下図を国内の中小企業・小規模事業者数である357.8万社に当てはめると、約30万社となる。

 セールスフォース 専務執行役員 コマーシャル営業 千葉弘崇氏は、売り上げの減少や取引先の廃業に苦しむ中小企業に「いずれの課題も克服してほしい」との理由から、今回の中小企業デジタル変革支援パッケージを用意したと説明した。

 今回のパッケージは前述の通り、Sales CloudとQuipを90日間無償で利用できる。Sales Cloudは顧客に関わる全情報を見渡せるダッシュボードや営業プロセスの最適化、人工知能(AI)を活用した予測や提案、主要評価指標(KPI)ベースでPDCAサイクルを回せるというもの。

 セールスフォース マーケティング本部 プロダクトマーケティング マネージャー 秋津望歩氏は、中小企業が導入する利点として「属人化をなくしたビジネスパフォーマンスの向上や人手不足を解消するAI活用、競合他社を超えるスピードを実現」すると訴えた。

 ドキュメントやスプレッドシート作成、タスク管理やチャット機能を備えるQuipについても、秋津氏は「提案資料作成や顧客からの問い合わせ対応、オンラインセミナーの企画運営などに活用できる。中小企業の従業員はもちろん、その先の顧客も支援したい」と強調した。

Quipの概要(出典:セールスフォース) Quipの概要(出典:セールスフォース)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]