編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Windows 10 2004」の月例パッチで「WSL2」がクラッシュする問題が発生

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-11 10:56

 Microsoftが米国時間9月8日にリリースした「Windows 10バージョン2004」の月例セキュリティーパッチをインストール後、「Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)」が起動できなくなるという問題が、複数のユーザーから報告されている。

 このセキュリティーアップデートは「KB4571756」に詳述されており、Windows 10 2004のビルド番号は19041.508となる。

 WSL2では、完全なLinuxカーネルが組み込まれているほか、「Docker」「FUSE」「rsync」を含むすべてのLinuxアプリで、システムコールのサポートが改善されている。WSL2は、Windows 10バージョン2004(別名:「Windows 10 May 2020 Update」)に同梱され、8月20日に「Windows 10 1903」および「Windows 10 1909」で利用可能になった。

 BleepingComputerTechDowsが報じているように、KB4571756をインストール後、WSL2がクラッシュし、「Element not found」や「Process existed with code 4294967295」というエラーが表示されると、GitHubのユーザーが報告している。

 そして、ほかのWindows 10 2004ユーザーからは、KB4571756をアンインストールして、ビルドを19042.487に戻すと、WSL2が再び起動するようになったとの報告が寄せられている。

 また、別の「Windows 10 Home」ユーザーは、アップデートをインストール後もWSL2に問題はないが、Homeエディションは「Hyper-V」に非対応であるのに対して、「Windows 10 Pro」はネイティブサポートしていることを指摘している。

 さらに、Hyper-Vをインストールしていない別のユーザーも、KB457175をインストール後、WSL2の問題はないと述べている。

 MicrosoftはWSL2を再設計して、同社が記述したLinuxカーネルを提供し、Hyper-Vのサブセットを使って、軽量の仮想マシン環境を起動できるようにした。

 同社は現時点で、アップデートが原因のWSL2に関する問題を、正式発表していない。「設定」から更新履歴を確認してアップデートをアンインストールすることで、問題を解決できるようだが、その場合、9月のセキュリティーアップデートで提供された、20件の重要な脆弱性に対処するパッチも削除されてしまうため、注意が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]