編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
企業決算

オラクル、予想上回る第1四半期決算--マクドナルドなどから大規模受注

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-11 09:10

 Oracleは米国時間9月10日、2021会計年度第1四半期決算(8月31日締め)を発表した。クラウドアプリケーション事業とインフラ事業の双方で数多くの大手顧客を獲得し、予想を上回る内容となった。例えばMcDonald'sは、北米の財務システムを「Oracle Cloud Infrastructure」に移行しており、北米の大手スーパーマーケットであるAlbertsonsは「Oracle Cloud HCM」を採用している。

 Oracleの第1四半期における非GAAPの純利益は前年同期比4%増の29億ドル、非GAAPの1株あたり利益は前年同期比15%増の93セントだった。また、総売上高は前年同期比2%増の93億6700万ドルだった。

 アナリストらは売上高を91億9000万ドル、1株あたり利益を86セントと予想していた。

 同社の最高経営責任者(CEO)Safra Catz氏は声明に「当社のクラウドアプリケーション事業は売上高を大幅に伸ばし続けている」と記すとともに、「インフラ事業も、Zoomからの売上高が前年度第4四半期から今年度第1四半期に倍増する中、急速に伸びている。私は、当社の売上高がCOVID-19後も加速していくという十分な確信を抱いている」と記している。

 Oracleは第2四半期の非GAAPベースの1株あたり利益が98セント〜1.02ドルになると見込んでいる。一方、アナリストらは94セントと予想している。

 「Fusion ERP」の売上高は前年同期比33%増、「NetSuite ERP」の売上高は23%増だった。同社は現在、Fusion ERPの顧客を7300社、NetSuite ERPの顧客を2万3000社抱えている。

 最高技術責任者(CTO)Larry Ellison氏は、クラウドインフラとアプリケーションを提供するOracleの能力は、やがて強みとなると述べ、Amazon Web Services(AWS)を再び引き合いに出した。同氏はまた、クラウドインフラによってデータベースに向かう動きが加速されるととともに、同社は既存顧客を維持しつつ、Zoomのような新規顧客も獲得していくと語った。

 第1四半期におけるクラウドサービスおよびライセンスサポートの売上高は前年同期比2%増の69億ドルとなった。同分野のアプリケーションクラウドサービスおよびライセンスサポートは4%増の28億ドルであり、インフラストラクチャークラウドサービスおよびライセンスサポートは1%増の41億3000万ドルだった。

 クラウドライセンスとオンプレミスライセンスの売上高は9%増の8億8600万ドルだった。

 また取締役会は同日、普通株の発行済み株式1株あたり24セントの四半期配当を実施するとも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]