編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

レガシーアプリケーションのサーバーレス対応で何を考えるべきか

ZDNet Japan Staff

2020-09-12 08:00

 クラウドコンピューティングは元々、組織のニーズに合わせてコンピューティング能力をスケーリングできる点が売りだ。クラウドベースの仮想マシンを使用すれば、時間のかかる高額なCAPEXプロセスを回避し、新しいシステムをすぐにオンラインに展開することができる。

 「AWS Lambda」などのサーバーレスコンピューティングフレームワークは、そうした抽象化をより高いレベルに押し上げる。サーバーは一時的なものであり、特定のタスクを実行するのに必要な間だけ持続するインスタンスだ。

 そのため、組織は大幅な節約を実現できる。1日の大半がアイドル状態のプロセスのためにVMを運用すると、無駄が出てしまうだろう。潜在的な利点があるにもかかわらず、ソフトウェア開発者は、サーバーレス機能をレガシーアプリケーションに統合することに二の足を踏みがちだ。

 InsightのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるBrett Berliner氏が、8月にケンタッキー州ルイビルで開催された「Code PaLOUsa」で、この統合への取り組み方について語った。

どんなレガシーコードを持っているか把握する

 都市開発とソフトウェア開発の共通点は少ないが、グリーンフィールドプロジェクトとブラウンフィールドプロジェクトの違いという都市開発の概念は、ソフトウェア開発に容易に適用することができる。

 グリーンフィールドアプリケーションは、何かを一から構築する機会となるため、開発者にとって非常に刺激的である場合が多い。対照的に、ブラウンフィールドプロジェクトは既存のものだ。「ある意味でネガティブな含みがある」とBerliner氏は述べる。「既存のアプリケーションというだけであって、劣っているわけでも、設計が拙いわけでもない」

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年11月13日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]