編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「GitHub」、「Microsoft Teams」と連携--パブリックベータ版公開

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-14 12:08

 Microsoft傘下のGitHubは米国時間9月10日、「Microsoft Teams」と「GitHub」を統合する新たな機能のパブリックベータ版を公開したと発表した。

 この機能によって、GitHubを利用している開発者に、Teamsアプリ内からGitHubアプリを使用するという選択肢が提供される。これまでに「Slack」で実現されていたような連携が可能になる。

 GitHubとSlackは両アプリの統合で連携し、SlackチャンネルでGitHubアクティビティーを容易に追跡できるようにしていた。

 GitHubとTeamsの統合は、GitHubによって管理され、GitHubとSlackの統合と同様の機能をTeamsチャネルで提供する。

 GitHubは、「Microsoft TeamsとGitHubの統合により、TeamsのチャネルでGitHubプロジェクトの完全な可視性をチーム全員にもたらし、プロジェクトの進捗に向けたアイデアの創造やイシューのトリアージ、他チームとのコラボレーションを可能にする」と説明している。

 GitHubのユーザーは、Teamsアプリ内の「Microsoft Teamsアプリストア」からこの統合機能をインストールすることができる。その後、@github signinコマンドを使用してGitHubの認証を行い、GitHubとTeamsのアカウントをリンクさせる必要がある。

 またGitHubのユーザーは、通知のサブスクライブやアンサブスクライブが可能であるため、組織やリポジトリーのアクティビティーに関する通知を適切なものに設定できる。

 さらに、ユーザーがプルリクエストといったGitHubアクティビティーへのリンクをTeamsチャネルの他のユーザーと共有する際に、GitHubのリンクを「unfurl」(展開)してさらなる情報を提供できるようにする機能もある。

 またこのアプリは、親となるカードに対する応答として、そのカードに関連付けられているプルリクエストやイシューに対する通知をグループ化する。これにより親カードは、これらプルリクエストやイシューの最新の状態とともに、タイトルや担当者、レビュー担当者、ラベル、チェックを表示するようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]