Zoom、モバイルとデスクトップアプリでも2要素認証サポート

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-09-14 10:57

 Zoomのビデオ会議アプリは、新型コロナウイルスのパンデミックの中でつながりを維持する手段を求める企業や学校で欠かせないツールとなっているが、利用の増加に伴い、セキュリティの課題にも対処する必要に迫られている。そうした中、Zoomはログインする際の2要素認証のサポートを拡大している。

Zoom
提供:Angela Lang/CNET

 追加のセキュリティレイヤーを望むユーザーは、「『Google Authenticator』『Microsoft Authenticator』『FreeOTP』などの時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)をサポートしている認証アプリ」を利用するか、Zoomから「SMSあるいは電話によって」コードを受け取るかのいずれかを選ぶことになるとZoomはブログ記事で述べている。

 Zoomは、2要素認証の利用に関してサポートページで説明している。

 Zoomは以前、「Google Authenticator」のようなアプリを利用した2要素認証を可能にしていたが、The Vergeが指摘しているように、ウェブブラウザーからのログインのみが対象であり、モバイルアプリやデスクトップアプリには対応していなかった。

 Zoomはセキュリティの強化に向けさまざまな取り組みを進めている。5月には、エンドツーエンドの暗号化メッセージやクラウドストレージのシステムを開発するKeybaseを買収したと発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]