編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

株価急落の「パーク24」見直し--カーシェア好調、「シェアリングエコノミー」成長株として評価

ZDNet Japan Staff

2020-09-17 11:12

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 5~7月期決算発表:営業赤字拡大を嫌気して株価下落
  2. かつて成長株として買われたが過去4年は株価低迷
  3. 過去10年の業績レビュー:過去4年の株価低迷の理由を解説
  4. 駐車場経営で成長してきたパーク24
  5. 日本にはシェアリングエコノミー関連の成長株がまだ少ない
  6. コロナ後に成長が見込まれる株は買い、イオングループにも注目

 これら6点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

5~7月期決算発表:営業赤字拡大を嫌気して株価下落

 パーク24(4666)の株価は9月16日、前日比126円(6.7%)下がって1759円となった。15日に発表した2020年5~7月期決算で赤字額が2~4月期よりも拡大していたことが嫌気された。コロナ禍で時間貸し駐車場やレンタカーの利用が減少したことが影響した。

パーク24:過去4四半期の営業損益

出所:同社決算資料
出所:同社決算資料

 ただし、新型コロナウイルス感染症が収束すれば駐車場の利用が回復し、さらにカーシェア事業の成長が続くことで、いずれ最高益を更新していくとの見方は変わっていない。株価が下がっている今が買い場と判断している。

「時間貸し駐車場(Times)」と「カーシェア」で国内トップのパーク24は、シェアリングエコノミー(※注)関連の成長株として高く評価している。

※注:乗り物、住居、家具、衣服や各種サービスなどを単独で所有せず、多数の人間が共有(シェア)して利用すること、または利用する仕組み。自動車をシェアするカーシェアリング(カーシェア)、住居のシェア(シェアハウス)、自動車の相乗りサービス(ライドシェア)のほか、さまざまな共有サービスが生まれ、グローバルに拡大している。
 カーシェア事業はコロナ禍のもとでも好調である。短距離の移動に利用する人が増加したため、7月の売り上げは前年同月比プラス7%まで回復している。新型コロナウイルス感染症が収束した後、パーク24は駐車場で安定収益を稼ぎつつ、カーシェア事業で利益を成長させていくと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]