メディケア生保、RPAを「UiPath」に--Microsoft 365に移行、ルールも標準化

藤代格 (編集部)

2020-09-23 07:15

 住友生命グループのメディケア生命保険(江東区、単体従業員数354人)は「Microsoft 365」への社内コミュニケーション基盤の移行にあわせ、活用するロボティックプロセスオートメーション(RPA)環境を「UiPath」へ移行。

 TIS(新宿区)の支援を受けつつコンバートさせ、ゼロから開発する場合と比較して時間、コストを抑えて新環境に対応したという。9月18日、TISが発表した。

 業務プロセス改善の一環で、2018年からRPAを活用。Excelと業務システムを連携させるソフトウェアロボットなど、バックヤード業務を中心に計26体活用していたという。

 Microsoft 365への社内コミュニケーション基盤の移行が決定し、既存ロボットへの大幅な改修が必要になったと説明。

 国内シェアの高さ、ユーザーの活発な情報交換などからUiPathへの移行を計画するとともに、異なるRPAへの自社でのコンバート実績が少ないことからTISへ支援を依頼したとしている。

 開発ソース、ドキュメントなどを読み解きつつロボットを再開発。TISの開発知見をまとめたシナリオ開発時のサンプル業務テンプレート「TIS標準テンプレート」を活用し、ソースの記述ルール、シナリオ構成などを標準化したという。

 共通ロジックと可変部分を切り分けるなど、並行して導入を進めるMicrosoft 365での動作エラーリスクを解消。2020年3月末にコンバート作業と検証テストを完了し、旧環境に対応しつつ最適化できたという。4月から本番業務で活用中と説明している。

移行イメージ(出典:TIS)
移行イメージ(出典:TIS)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]