NECプラットフォームズの新コントローラーにみる「エッジコンピューティングの可能性」

松岡功

2020-09-24 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、NECプラットフォームズが提供する「エッジコンピューティングに適したコンパクトなボックス型コントローラー」を取り上げる。

エッジコンピューティングに適したコンパクトなコントローラー

 NECプラットフォームズは先頃、エッジコンピューティングに適したコンパクトなボックス型コントローラーの提供を開始すると発表した。IoT機器などからの大容量データが、エッジ領域において高速に処理できるようになる。

 組み込みのコントローラー、工場IoTなどにおけるエッジデバイス、店舗やオフィス向けの小型サーバーなど、用途に応じた最適なプラットフォームとして利用可能だ。

 新製品は、180×180×50mmのコンパクト設計で、NEC製標準デスクトップPCよりも体積比85%以上の削減を実現しているほか、VESA/DINレールにも対応し、設置場所を選ばずに利用できる。(写真1

写真1:エッジコンピューティングに適したコンパクトなボックス型コントローラー(出典:NECプラットフォームズ)
写真1:エッジコンピューティングに適したコンパクトなボックス型コントローラー(出典:NECプラットフォームズ)

 また、5年間の供給と供給終了後6年間の保守により、長期供給、長期保守を実現。OSも長期サポート可能な「Windows IoT Enterprise 2019 LTSC」を採用している。

 加えて、小型ボードが搭載できるオプションスロット(M.2スロット)を搭載しており、拡張性を確保。SSDモジュールやPCIe、SATAなど、ニーズに合わせたカスタマイズを可能としている。

 同社はこの新製品を市場投入した背景について、次のように説明している。

 「あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの普及に伴い、より多くのデバイスがネットワークを通じて接続される中、デバイスや利用者に近い『エッジ』でデータを処理するエッジコンピューティングの利用が広がっている。例えば、工場内の工作機械のコントロールや店舗、工場などにおける設備のIoT化に対して、エッジでリアルタイムかつ大容量にデータを処理することが求められている」

 そこで、同社では工場における組み込み用途のコントローラーなど工作機器の制御やセンサーで収集したデータの処理、および生体認証に際しての画像データの処理を主なターゲットにコンパクトなボックス型コントローラーを提供することにしたという。(図1

図1:工作機械に適用したコントローラー。Windows搭載のため、慣れた環境での動作を実現。工場にもスムーズな導入が可能(出典:NECプラットフォームズ)
図1:工作機械に適用したコントローラー。Windows搭載のため、慣れた環境での動作を実現。工場にもスムーズな導入が可能(出典:NECプラットフォームズ)

分散クラウドとの連携でエッジコンピューティングはさらに進化

 以上が発表の概要だが、今回この製品に注目したのは、コンパクトなコントローラーで実績のあるNECプラットフォームズが、エッジコンピューティング市場に向けて投入した象徴的な製品だと感じたからだ。

 この機に、エッジコンピューティングの可能性について、筆者がかつて取材した米Gartnerの「2020年の戦略テクノロジートレンド・トップ10」の話を基に考察してみたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]