編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

サノヤスHD、ERPに「Biz∫」--マスターデータ統一、テンプレートで作り込み軽減

藤代格 (編集部)

2020-09-24 06:45

 造船業を中核事業とするサノヤスホールディングス(大阪市北区、連結従業員数1633人)は、基幹システム基盤に統合基幹業務システム(ERP)パッケージソフト「Biz∫(ビズインテグラル)」を採用。業務へ高く適合した機能を実装し、事業変化に柔軟に対応できる環境を整えるという。9月23日、開発、提供するNTTデータ・ビズインテグラル(港区)が発表した。

 市場環境が厳しい造船事業では、事業の統廃合、最適化などが頻発。ハードウェアの保守期限、高騰する保守費用などを課題としていたという。

 グループ内で展開する他業種にも対応できる、柔軟なシステムも必要だったとしている。

 アプリケーション開発、実行基盤「Biz∫APF」の上で動作する会計パッケージ「Biz∫会計」を中核に据えて、造船や建設など受注生産型製造業向けのERPテンプレート「Project-Space」を活用。個別原価計算、工事管理といった業務要件に適合しつつ、カスタマイズを抑えたシステムを8月から本格運用しているという。

 マスターデータを統一するとともに、グループ内の会計基盤として活用。今後のフロントシステムはBiz∫APF上に構築し、経営情報を可視化、一元管理するとしている。

構築した基幹システム概要図(出典:NTTデータ・ビズインテグラル)
構築した基幹システム概要図(出典:NTTデータ・ビズインテグラル)

 Biz∫APFは、システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」をベースにフレームワークや共通マスター、プラグインなどを拡張、追加したアプリケーション開発、実行基盤。開発現場での課題を解決できるという。

Accel Platformとの違い(出典:NTTデータ・ビズインテグラル) Accel Platformとの違い(出典:NTTデータ・ビズインテグラル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 Project-Spaceは、受注契約、原価計算といった業界特有の業務をモジュール化したERPテンプレート。NTTデータエンジニアリングシステムズが提供している。システム導入時の作りこみを軽減し、短期間、最小限のカスタマイズでBiz∫を導入できると説明。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]