電通、組織の課題を可視化するダッシュボード開発--従業員の意見をAIで分析

NO BUDGET

2020-09-25 06:00

 電通で顧客企業のイノベーション創出を支援する専門組織「電通ビジネスデザインスクエア」は、従業員調査の自由回答を人工知能(AI)で分析し、多角的な視点で課題を可視化するダッシュボード「VoiScope」を開発した。

 自由回答をAIで定量化することで、「事業戦略」「上司」「給与」などに分類された意見カテゴリーごとのネガポジ比較、部署/属性別の比較が可能になるため、組織の強みや課題を把握することができる。また新規事業や新たな人事施策など、企業にとってチャレンジングな取り組みの結果、従業員がどういったことを感じているかをモニタリングし、次の施策の改善につなげることも可能になるとしている。

VoiScopeの分析イメージ(出典:電通)
VoiScopeの分析イメージ(出典:電通)
VoiScopeの画面イメージ(出典:電通)
VoiScopeの画面イメージ(出典:電通)

 近年、従業員の声を獲得するはずの既存の従業員調査に対して、限界や形骸化を感じている企業は多く、調査本数ばかりが増えてしまい、効果的な分析ができていない実態が多く見受けられるという。

 VoiScopeで大量の自由回答をより深く分析することで得られる発見が飛躍的に増えるほか、調査自体の設問数を減らして従業員の負担を緩和することも可能。また、過去調査を読み込ませて時系列で分析したり、VoiScope用にオリジナルの調査を設計したりすることもできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]