アップル「Swift」コードをWindowsで実行可能に--グーグル「Flutter for Windows」アルファ版も

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-24 13:41

 Appleのプログラミング言語「Swift」と、Googleのユーザーインターフェース(UI)フレームワーク「Flutter」が「Windows 10」上で利用可能になった。

 Swiftは、「iOS」「Mac」「Apple TV」「Apple Watch」向けのアプリケーションを開発するためのAppleによるオープンソースのプログラミング言語だ。

 Appleが支援するSwiftプロジェクトは米国時間9月22日、「Windows」向けのダウンロード可能なSwiftツールチェーンイメージのリリースを発表した。SwiftのコードをWindowsで構築、実行する上で必要な開発コンポーネントが含まれている。

 Windows 10に対応するツールチェーンは「Swift 5.3」で利用可能だ。Swift Core Teamのメンバーであり、Google BrainのソフトウェアエンジニアでもあるSaleem Abdulrasool氏らによって実現されている。

 Abdulrasool氏は2019年のLLVM開発者会議で、SwiftのWindowsへの移植における数々の課題について詳しく語っていた。同氏はその際、Linux環境上でのクロスコンパイルによって、Windows環境への移植を実行したと述べていた。

 同ツールチェーンには、移植されたSwiftコンパイラーの他に、標準ライブラリーとSwiftのコアライブラリーである「Foundation」と「dispatch」「XCTest」が含まれている。

 Abdulrasool氏はSwiftプロジェクトのブログに「これらのライブラリーは、開発者が容易に、かつ基盤となるシステムの詳細を意識せずとも、パワフルなアプリケーションを記述できるようにするコンポーネントの一部となっている」と記している。

 また同氏は「これらコアライブラリーと、SwiftとCとの間の柔軟な相互運用性によって、Windowsプラットフォーム上の既存のライブラリーを全体的に活用しつつ、SwiftのみでWindowsアプリケーションを開発することが可能になっている」とも記している。

 Abdulrasool氏は、Windows向けSwiftの現在の状況について「ジャーニーは始まったばかりだ」と記しており、新たなプラットフォームでのエコシステムを完成させるには、「lldb」や「Swift Package Manager」といったものをサポートする作業が残っているとしている。

 Windows上でのSwiftを試すには、ツールチェーンインストーラーと統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」とともに、「Windows 10 SDK」や、C++のコードをビルドするためのツールセット、「Windows Universal C Runtime」といったコンポーネントが必要となる。

 また、GoogleのFlutterチームは23日、Windows向けFlutterのアルファ版をリリースした。Flutterは現在、「Android」と「iOS」をネイティブサポートしており、ウェブと「macOS」、デスクトップLinuxのサポートはベータ段階となっている。そして、10億を超えるWindows 10デバイス向けにアルファ版でサポートが追加されている。

 Flutterチームは、ウェブとmacOS、Linuxのデスクトップ向けネイティブサポートに加えてWindows向けのアルファ版を追加したことで、開発者向けツールを強化するとともに、新規ユーザーにとっての敷居を下げ、単一コードベースによるアプリをあらゆるデバイス上で実行できるようになったとコメントした。

 Flutterは当初、iOSとAndroidのタッチインターフェースに注力していたが、WindowsやLinux、macOSをまたがるデスクトップのサポートにより、キーボードやマウス、マウスホイール、コントローラーなどの入力デバイスとともに、デスクトップのウィジェットもサポートするようになっている。

 Windows向けFlutterのアルファ版は現在のところ、クラシックな「Win32 API」のみをサポートしているものの、Googleは未来のWindowsデバイスに向け、Microsoftの「Universal Windows Platform」(UWP)アプリのサポートにも取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]