編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

「ドル建て日経平均」がバブル後高値を更新--外国人投資家が注目?

ZDNet Japan Staff

2020-09-25 12:07

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. ドル建て日経平均が強気相場を再確認した
  2. 「世界の景気敏感株」が織り込む経済の持ち直し
  3. 対コロナ「ハンマー&ダンス」で経済回復を目指す
  4. 「ニューエコノミー関連株」の堅調傾向は変わらず
  5. 新経連株価指数(JANE)はTOPIXより反発力が強い

 これら5点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

ドル建て日経平均が強気相場を再確認した

 米国株式は軟調相場となっており、S&P500指数は最高値(9月2日)から約9.6%下落した(23日)。その一方で、日経平均株価の相対的な底堅さが目立っている。

 外国人投資家が注目している「ドル建て日経平均」(日経平均÷ドル/円相場)は先週、2019年12月17日(219.82ドル)以来の「心理的な節目」とみなされていた220ドルを突破(図表1)。

 バブル崩壊後の戻り高値となる223.39ドルに上昇し「新たなステージ」に挑む動きをみせた(18日)。年初来リターンで比較すると、円表示の日経平均(▲1.3%)よりもドル建て日経平均(+1.7%)が優勢だ(23日)。

 外国人投資家、中でも中長期で投資を行う機関投資家は、日本株投資に為替ヘッジ(コストをかけて為替変動リスクを抑制する方法)をかけない場合が多く、投資成果はドルベースで評価される。

 ドル建て日経平均やMSCI日本株価指数(ドル建て)が象徴する「ドルベースでみた日本株リターンの堅調傾向」は、海外勢(外国人投資家)のセンチメントを改善させる可能性がある。

 図表1でみるとおり、中長期トレンドを示す3年(162週)移動平均線は、アベノミクスがスタートした2013年から上向きを維持している。

 年後半の世界経済の持ち直しに加え、菅義偉首相が率いる新政権の「成長戦略再始動期待」も株式市場の下支え要因とみられる。

 ドル建て日経平均の現在値から最高値(1989年12月の270.62ドル)までは約2割の上昇余地となっている。

<図表1>ドル建て日経平均は約30年ぶり水準に上昇

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(1980年初~2020年9月18日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(1980年初~2020年9月18日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]